ホーチミン旅行で失敗しないホテルの選び方10選!注意するポイントは?

ベトナム

ホーチミン旅行を計画している人は、宿泊するホテルの手配はしていますか?

ホーチミンにはホテルがたくさんあるので、どのホテルを選べば良いか迷いますよね。

楽しい旅行にするために、せっかくなら満足できるホテルに泊まりたいことでしょう。

ここでは、ホーチミン旅行の失敗しないホテルの選び方を紹介します。

便利なエリアを把握する

ホーチミン旅行でホテルを選ぶ際は、まず便利なエリアを把握しておきましょう。

1区ドンコイエリア

初めてホーチミンに旅行するなら、ドンコイエリアがおすすめです。

ドンコイエリアにはカフェやレストラン、雑貨店などが多く、このエリア内だけで観光が完結します。

ドンコイエリアの中でも、ドンコイ通り、グエンフエ通り、タイヴァルン通りには中級〜高級ホテルが集中しています。

1区リートゥーチョン通り

リートゥーチョン通りは、ベンタイン市場から程近い場所にあるエリアです。

5つ星の高級ホテルはないものの、2〜4つ星レベルのホテルがたくさんあります。

ドンコイ通りにもベンタイン市場にもアクセスが良く、徒歩圏内なので便利です。

1区ファングーラオ

このエリアには高級ホテルではなく、ドミトリータイプやゲストハウスといったリーズナブルな価格で利用できる宿泊施設が点在しています。

海外旅行に慣れていない人には厳しいかもしれませんが、東南アジアの雰囲気を楽しみたい人にはおすすめです。

サービス内容や清潔さには期待できないものの、1泊1,000円以下の格安価格で泊まれるところも少なくありません。

宿泊施設のタイプをチェックする

宿泊施設のタイプをチェックするのも大切です。

ホテル

ホーチミンのホテルは、日本と比べて安く利用できるところが多い傾向にあります。

日本では泊まれないような高級ホテルが、手に届く価格で宿泊できます。

中にはプール付きのホテルもあるので、リッチな気分を味わいたい人や子ども連れの家族旅行におすすめです。

ゲストハウス

ゲストハウスは、ホテルより規模が小さくリーズナブルな価格で泊まれる宿泊施設です。

アットホームな雰囲気のところが多く、施設のスタッフや他のゲストと楽しく話せるのが魅力となります。

他の旅行者と情報交換しながら旅を楽しめるでしょう。

モーテル

モーテルは本当に泊まるだけの施設で、他の利用者と相部屋になるのが一般的です。

男女混合の相部屋や男女別など、施設によってタイプが異なります。

他人と部屋を共有するので、荷物を盗まれないように自分で管理をしなければいけません。

旅行に慣れていない人は、モーテルでの宿泊は避ける方が無難です。

星の数にこだわる

サービスに満足できるホテルに泊まりたいなら、星の数にこだわりましょう。

日本とベトナムではサービスの質が異なるため、ベトナムのホテルを選ぶ際は星を1つ下げて捉えるようにしてください。

例えば、日本の3つ星ホテルを利用して満足したなら、ベトナムでは4つ星以上のホテルに宿泊することをおすすめします。

4つ星以上のホテルに宿泊すれば、屋外プールやカフェ、レストランなどのホテル内施設が充実しています。

プールの充実度をチェックする

充実したホテルライフを楽しみたいなら、大きいプールがあるホテルやプールサイドにカフェやレストランがあるところを選びましょう。

プールで泳がなくても、プールサイドで休むだけでリゾート気分を味わえます。

プールのサイズが小さいと、人が多くてゆっくり楽しめないので気をつけてください。

5つ星ホテルになると、プールにカフェやカウンターバーが設けられており、プールサイドで飲食が楽しめるようになっています。

子ども連れの家族旅行なら、子ども用のプールがあるホテルを選ぶのも良いでしょう。

チェックアウト後も施設を利用できるか確認する

チェックアウト後も施設を利用できるか確認しましょう。

基本的にベトナムのホテルは、昼の12時頃がチェックアウト時間になります。

朝や昼の便で帰国するなら、ホテルから直接空港に行けば良いので問題ありません。

しかし夜の便で帰国する場合、大きなスーツケースやバックパックなどを持って観光することになるので大変です。

最終日に観光する時間がある場合は、チェックアウト後にレセプションで荷物を預かってくれるホテルを選びましょう。

荷物を預かってくれるホテルは多いですが、チェックアウト後に利用できるか確認しておくことをおすすめします。

日本語対応サービスの有無を知る

ベトナム語も英語もできない場合は、日本語対応サービスの有無も確認することをおすすめします。

特に初めてベトナム旅行するときは、事前準備をしていたとしても現地で困ることがあるでしょう。

そんなときに日本語対応サービスがあるホテルに宿泊すると、ホテルスタッフにサポートしてもらえるので安心です。

日本語が分かるスタッフに対応をお願いすれば、現地でツアーを申し込んだり、おすすめレストランなども教えてもらえるでしょう。

安く旅行できる時期を把握する

できるだけ旅費を抑えたいなら、安く旅行できる時期を狙いましょう。

ホーチミン旅行は、雨季でオフシーズンになる6月頃や10月〜12月上旬、1月中旬〜3月上旬、春休み後〜4月前半頃が安くなります。

逆にゴールデンウィークやお盆休み、年末年始といった長期休暇シーズンは料金が高くなるので注意が必要です。

また、日曜日〜木曜日にベトナムへ出発して、平日に日本へ帰国するとお得です。

逆に、金曜日や土曜日に出発すると、旅費が高くなる傾向にあります。

おしゃれなコロニアル建築ホテルを選ぶ

おしゃれな雰囲気のホテルに泊まりたいなら、コロニアル建築エリアのホテルを選びましょう。

コロニアル建築とは、19世紀後半〜20世紀半ばのフランス植民地時代に建てられた建物のことです。

フレンチスタイルの美しい建築物が点在するエリアで、ヨーロッパのような雰囲気を楽しめます。

コロニアル建築のホテルに泊まりたい場合は、「コンチネンタルホテル」や「ホテル・マジェスティックサイゴン」がおすすめです。

歴史を感じるホテルに泊まり、日本とは一味違う雰囲気を堪能してみてはいかがでしょうか。

危険エリアを避ける

ホテルを決める際は危険エリアを避けましょう。

ベトナムは基本的に治安は良い国です。

観光客が多い1区市街地であれば、女性の1人歩きも可能です。

しかし、ホーチミンは貧富の差が激しく、治安が悪いエリアもあります。

チャータム教会などの観光スポットがある中華街チョロン周辺を観光客が歩いていると、ひったくりや恐喝などのターゲットになる可能性があります。

また、サイゴン川の南側は貧困層が多く、麻薬の取引や暴行事件などが発生するエリアです。

地元の人も避ける危険なエリアなので、昼間も近づかないように気をつけてください。

予約サイトのクチコミを読み込む

ホテル選びに失敗しないために、予約サイトのクチコミを読み込みましょう。

ホテル予約サイトには、実際に宿泊施設を利用した人のクチコミが掲載されている場合があります。

例えば、きれいに見えるホテルでも建物の老朽化が進んでいると、「アリが多い」「窓がない」「変なニオイがする」といった悪いクチコミが掲載されている可能性があります。

写真だけで宿泊するホテルを決めると、実際に泊まったときに嫌な思いをするかもしれません。

悪いクチコミもチェックした上で、自分が満足できるホテルなのか判断しましょう。

ホーチミンで思い出の残るホテルを探そう

アジアの中でも最も活気にあふれるベトナム。

観光スポットが多いホーチミンにはフランス統治時代の建築物もあり、東南アジアのエネルギッシュな雰囲気とヨーロッパ調の文化をどちらも堪能できます。

そんなベトナムでの旅行を楽しむなら、宿泊先のホテルにもこだわりましょう。

自分が過ごしやすいホテルを選べば、観光の疲れをゆっくり癒せます。

ホーチミンにはたくさんホテルがあるので、自分に合うホテルを選んでください。

RinaTrip編集部

「海外旅行に行ってみたい」「海外旅行を検討している」人向けに、格安旅行やホテルの選び方など、海外旅行好きの人に役立つ情報を紹介していきます。

ベトナム
RinaTrip
タイトルとURLをコピーしました