花蓮(台湾)ホテル予約サイトおすすめ12選を比較!旅行・宿泊施設が安いランキング

台湾

ファミリーや女子旅でも人気の高い花蓮旅行(台湾)

観光地巡りや食べ歩きなど楽しみがいっぱいです。

そんな花蓮旅行をするときに便利なのが、ホテルの格安予約サイトです。

現地のホテル探しはもちろんのこと、航空券の予約も受け付けています。

サービスも充実していて、海外旅行の困りごとにも対応してくれるのです。

そこで花蓮のホテル格安予約サイトおすすめ12選を紹介します。

花蓮【台湾】ホテル予約サイトおすすめ12選

1. エクスペディア

台湾はもちろんのこと、世界中のホテルを数多く掲載しているのがエクスペディアです。

有名ホテルから現地の人にしか分からないような宿泊施設が載っているので、自分の希望に合ったホテルを見つけやすくなっています。

サイト内では航空券の予約もでき、海外旅行の手続きのサポートをしてくれるのです。

サイトを利用するときに会員登録しておけば、お得なサービスを受けられます。

ポイントも貯めることができ、貯まったポイントはホテルの割り引きクーポンと交換してくれるのです。

ポイント会員にはステイタスがあり、ランクが上がるにつれてポイント付与も多くなっていきます。

 

2. Agoda

台湾をはじめ、アジア各国のホテル予約が出来るのがAgodaです。

シンガポールに本社を、東京や大阪には支社を構えています。

日本語のカスタマーサポートもあり、分からないことがあれば気軽に聞けるのも魅力的です。

ホテルの予約だけでなく航空券の申し込みもでき、LCCを含む国内外の航空券の手配にも対応しているのです。

地図からホテルを探すことも可能で、行きたい観光地や滞在したいエリアを絞って検索出来る仕様になっています。

 

3. Booking.com

Booking.comは、ブッキングホールディングスが展開している宿泊予約サイトの一つです。

ホテル予約だけでなく航空券やレンタカー、空港でのタクシー手配も出来るのが特徴となります。

ホテルの他に一軒家やアパート、ヴィラ、シャレー、ゲストハウスなど様々なタイプの宿泊施設を一括で調べられます。

プライスマッチという最低価格保証もあり、お得な値段で予約出来るのはBooking.comならではです。

他のサイトで全く同じ条件にも関わらず価格が安いときには、申し出ればきちんと返金してくれます。

カスタマーサービスは24時間営業、日本語対応となっています。

会員になるといくつかの対象のホテルでの10%割り引きも利用出来るようになるのです。

 

4. ホテルズドットコム

ホテルズドットコムはアメリカの旅行会社である、エクスペディアグループが管理しているサイトになります。

ホテルの予約や航空券、現地ツアーの予約も可能です。

掲載されているホテルの種類が多く、ビジネスホテルやカプセルホテル、ゲストハウスから探せるのが特徴的です。

ホテルズドットコムを利用して10泊すると、1泊無料という独自のサービスも展開しています。

口コミの掲載数も多く、ホテル選びや航空会社選びのときの参考になります。

 

5. 楽天トラベル

楽天ポイントを貯められるサイトが、楽天トラベルです。

楽天トラベルで予約をすれば楽天ポイントが貯まり、会員のランクに応じて限定プランなどの予約が出来るようになるサービスもあります。

日本国内の企業が運営している予約サイトの中でもホテルの掲載数は断トツで、色々な台湾のホテルを探したいときに便利です。

旅行で滞在する一般的なホテルはもちろんのこと、ビジネスホテルやゲストハウスも充実しています。

航空券の予約も可能で、ホテルと一緒に申し込めるのも良い部分です。

 

6. スカイチケット

株式会社アドベンチャーが運営しているサイトが、スカイチケットです。

航空券予約サイトであり、株主優待価格での航空チケット予約が出来るのがメリットです。

とにかく安く旅行したい、出来るだけ費用を抑えたい人におすすめです。

サイト内にはホテルと航空券がセットになっているプランもあり、さらにお得に予約出来るのが良いところです。

問い合わせは日本語に対応しているので、他の言語を話すことが出来なくても安心です。

 

7. エアトリ

エアトリは400社の航空会社と60万件以上のホテルから、条件に合うものを探せるサイトとなっています。

様々な組み合わせで比較検討出来るので、自分たちにとって最適な旅行プランが見つかります。

航空券とホテルをセットで予約することで、ホテルの料金が割り引きになることもあります。

また往復での航空券の予約も受け付けていて、帰りの飛行機のチケットも確保してから旅行に出掛けられるのです。

現地からどこかに行くためのチケットも予約時に申し込める仕組みもあり、旅行プランも立てやすくなります。

 

8. Trip.com

Trip.comは中国の最大手である旅行会社が運営しているサイトで、ホテルや航空券、鉄道予約と幅広いサービスを展開しています。

日本にも支社を構えていて、東京や大阪など計6ヶ所にオフィスを持っています。

2015年には日本旅行業協会の正会員にも加入しているのです。

問い合わせは24時間対応、日本語での問い合わせをしても問題ありません。

会員登録すると、会員限定の料金で予約出来るサービスも取り扱っています。

 

9. HIS

国内でも大手旅行会社と知られているHISが運営しているサイトの一つで、誰でも気軽に台湾のホテルを予約出来るシステムになっています。

航空券とホテルがセットになったフリープランツアーもあり、お得な料金で利用出来るのもサイトの強みです。

現地に滞在中は24時間対応の日本語サポートが使えて、旅行先でトラブルに遭遇しても大丈夫です。

予約から出発まで専門の担当者がしっかり手助けしてくれます。

 

10. JTB

日本国内で旅行会社として有名なJTBが運営する旅行予約サイトで、日本国内のホテルは約14,000軒以上、海外では約57万軒のホテルを掲載している規模が大きなサイトです。

サイト内は実際に利用した人たちの口コミが多くあり、ホテル選びのヒントになります。

サポート体制も充実していて、現地に滞在している専任の担当者が旅行の相談に乗ってくれます。

長年国内外で活動してきた旅行会社ということもあり、しっかりとしたアドバイスが受けられます。

 

11. 日本旅行

日本旅行は創業100年を超える、老舗の旅行会社である日本旅行が運営する予約サイトです。

国内外問わず、様々なプランやツアーを扱っています。

完全にお任せすることが出来るフルパッケージはもちろんのこと、自分たちでホテルやツアーなどを決められるフリープランもあります。

サイト限定のプランではよりお得な値段設定になっていて、気軽に台湾に遊びに行けるのも魅力です。

公式ホームページから誰でも簡単に予約することが出来ますが、インターネットでの予約以外に店舗での相談や申し込みも積極的に行っています。

インターネットでの申し込みなどで分からないことがあれば、店舗に足を運んで相談しても良いかもしれません。

 

12. 旅工房

旅費を抑えながら、お得に旅行が出来るのが旅工房です。

価格設定が全体的に低めで、充実したプラン内容が揃っているのも人気の秘密です。

予算を元にピッタリのプランを考えてくれるのも、嬉しいポイントです。

自分たちでわざわざ旅費を計算しながら申し込む必要がないので、手間が省けます。サポート体制もバッチリで、何かあったときにはすぐに対応してくれます。

海外旅行で不安なときでも担当者がスピーディーに助けてくれるので、安心して旅を楽しめるのです。

ひとり旅のプランも多く掲載されていて、グループではなく単独での旅行にも役立ちます。

 

【花蓮】海外ホテル予約時に注意したいポイントは?

部屋タイプ・ランクを把握する

海外のホテルは部屋タイプやランクがはっきりしていますが、国内ではあまり耳にしない言葉もあるので、間違えて人数や希望グレードに合わない部屋を予約しないように注意しましょう。

部屋タイプは、人数によって分かれています。

1人用がシングル、2人用がツインもしくはダブル、3人用がトリプル、4人用がファミリーもしくはクワッドといいます。

一般的には、ツインルームはシングルベッドが2台、ダブルルームは2人が寝られるダブルベッド、もしくはクイーンベッドやキングベッドが1台用意されている部屋です。

ただし、海外ではツインルームを2名で1室利用するための部屋と認識していることがあるため、ツインルームを予約してベッドが1台しかないこともあります。

2台のベッドにこだわりたい時は、事前に確認しておきましょう。

トリプルルームはツインもしくはダブルルームを3人で使用することが前提で、ベッド2台にソファーベッドという組み合わせになっていることもありますが、基本的にはエキストラベッドは別料金で別途リクエストしなければなりません。

ファミリールームも同様で、キングサイズのベッドが1台、あるいはクイーンサイズのベッドが2台など人数よりもベッドの設置数が少なく、小さい子供の添い寝でなければ手狭に感じる部屋がほとんどです。

大人4人で使う場合には、ツインもしくはダブルルーム2部屋が室内の扉で行き来できるようになっているコネクティングルームを選ぶのも良いでしょう。

ランクは国内ではあまり目にすることは多くありませんが、海外では室内の広さや設備、サービスによって分けられています。

一般的にはスタンダードから上位に行くにしたがって、スーペリア、デラックス、エグゼクティブ、ジュニアスイート、スイートの順です。

このほかに、東南アジアなどにはキッチンや洗濯機など長期滞在で生活しやすい家電がそろったサービスアパートメントが多く見られますし、リゾート地では同じように生活家電が充実して大人数の滞在が可能なコンドミニアム、独立した一棟タイプのヴィラやコテージ、バンガローなどもあります。

キャンセル規定を調べる

海外のキャンセル規定は、ホテルによって異なります。

海外旅行の場合、長期の日程を組んでいることがほとんどですので、仕事や健康状態、家族の問題などの様々な理由で旅行の日程が変更になったり、中止になったりする可能性もあるでしょう。

そのため、いくつかのホテルで迷っている場合には、それぞれのホテルのキャンセルポリシーを確認して、キャンセル料が無料のところを選ぶのがおすすめです。

ここは注意!

キャンセルポリシーにはいくつかの種類があり、キャンセル不可と書いてある場合には、いつキャンセルをしても返金は一切ありません。

一方、キャンセル無料となっている場合でも、大体宿泊予定日の1週間以内など予定が近くなってくると返金額が少なくなることはあります。

海外のホテルの予約サイトではキャンセルポリシーもわかりやすく表示されていますので、予約前にチェックしておきましょう。

料金の支払い方法・時期を確認する

料金の支払い方法や支払時期も、ホテルによって違いがみられます。

支払方法は事前決済もしくは現地払いのところがほとんどです。

事前決済の場合は予約時にクレジットカードで決済を済ませます。

現地の通貨が用意できていないときにはホテルで支払いが発生しないので便利ですが、万が一予約がきちんととれていなかった場合などは予定外の出費になりかねませんので、決済完了のページや領収書、予約番号などを用意しておきましょう。

キャンセル不可のホテルの場合、返金がないので事前決済のところがほとんどです。

一方、現地払いはチェックインまたはチェックアウト時にホテルで支払いをします。

クレジットカードで支払うことが多いですが、現金のみのホテルもありますので、事前に確認して現地の通貨を用意しておきましょう。

現金での支払いは、料金の二重請求などのトラブルに巻き込まれる心配がないので安心です。

ただし、チェックアウト時の支払いを忘れて買い物などで手持ち資金が不足する可能性がありますので、観光の予算とは別に取り分けておくことをおすすめします。

折り返しの予約確認メールを必ず受信する

日本と比べて、海外ではホテルの予約に関するトラブルが発生しやすいです。

現地で予約のトラブルに巻き込まれないためにも、予約後に折り返される予約確認メールは必ず受信して、プリントアウトしたものを持っていきましょう。

もし、予約後にホテルから連絡がこない場合には、予約サイトに問い合わせるか、ホテルのフロントあてに問い合わせのメールを送ってみることをおすすめします。

予約確認メールは英語で出すことになりますが、例文はネット上でいくつも見つかります。

返信の内容もそれほど難しくない英語で書かれていますので、早めに確認を取っておきましょう。

オーバーブッキング対策で事前連絡を入れる

キャンセル無料の海外ホテルでよくみられるのが、宿泊客のキャンセルを見越して部屋数以上の予約を受け付けるオーバーブッキングです。

これは海外では日常的に行われていますので、事前にホテルあてに確認連絡を入れておきましょう。

内容は、きちんと希望した日程と人数分の予約が入っているかどうかの確認です。

また、時間が許すのであれば、早めにチェックインをした方がオーバーブッキングのトラブルを避けやすくなるでしょう。

ここがポイント!

万が一オーバーブッキングになった場合には、ホテル側の対応をまず確認します。

部屋のアップグレードや近隣のホテルの紹介などで当初の予定と変わらない、あるいはそれ以上の待遇が受けられるようであれば問題ありませんが、部屋のダウングレードを提案された場合には、差額の返金を求めることもできます。

特に連休や長期休暇などでホテルが混雑する時期は、代わりの部屋やホテルが見つかりにくくなりますので、事前連絡と早めのチェックインを心がけましょう。

できれば部屋の階数を指定する

海外は、日本のホテルに泊まるときよりも危機管理をする必要があります。

部屋の鍵を施錠して窓やバルコニーを開放しないことはもちろん、ホテルのフロントや清掃員が盗みを働くこともありますので、フロントに荷物を預けたり、部屋のセキュリティボックスを使ったりするのはハイグレードなホテル以外では避けた方が良いでしょう。

ここはポイント!

貴重品は肌身離さず、スーツケースに荷物を入れて施錠し、チェーンなどでつないでおくなどの工夫が必要です。

予約を入れるときには、できれば部屋の回数を指定しましょう。

特に1階は外部から侵入しやすいため、おすすめできません。

一般的に、海外のホテルでは階数をリクエストして予約することは困難ですが、可能であれば高い階数を指定しておきましょう。

地上の騒音が届きにくく静かに過ごせますし、治安の面からも多少は安心できます。

色々なサイトを使ってみよう

ホテル格安予約サイトと言っても様々な種類があります。

サイトによって検索方法やサービス内容、予約出来るものも違ってきます。

自分に合うサイトを見つけるためにも色々試してみて、お気に入りを見つけてみましょう。

気に入ったサイトがあればそこからホテルの予約や航空券の手続きをして、台湾旅行を楽しんでみてください。

RinaTrip編集部

「海外旅行に行ってみたい」「海外旅行を検討している」人向けに、格安旅行やホテルの選び方など、海外旅行好きの人に役立つ情報を紹介していきます。

台湾
RinaTrip
タイトルとURLをコピーしました