ハワイ島おすすめホテル格安予約サイト12選比較ランキング!

アメリカ

日本人が好む海外の観光スポットにハワイ島があります。

何度もハワイにリピート旅行している方も多いです。

今回はハワイ等のホテルを格安予約できるおすすめのサイトを見ていきます。

初めてハワイ旅行を考えている方、リピーターで安く何回も行きたいと考えている方に役立つ記事となっています。

常夏のハワイの良さを存分に味わいましょう。

【ハワイ島】ホテル予約サイトおすすめ12選

1. エクスペディア

パソコンやスマホアプリから簡単に予約できるのがエクスペディアの魅力で、アプリ予約の場合は割引価格で予約ができたり、通常の2倍のポイントを獲得できる特典が付いていたりします。

できるだけ安くハワイに行きたいなら、アプリでプランをチェックすると安い宿泊施設プランを探せます。

また、キャンセル料無料の宿泊施設や変更手数料無料航空券があるのもポイントです。

ハワイへ行きたくなったら、エクスペディアを使ってのんびり楽しめるプランを見つけてみましょう。

 

2. Agoda

最安値を検索するならAgodaも便利です。

特に価格重視でホテル選びをされる方にとって役立ちます。

ちなみに、航空券と一緒に予約したり、宿泊施設をもう一つ追加で予約をしたりするとお得です。

格安ホテルと格安チケットを両方まとめて調べて予約したい方にとって、役立つ予約サイトとなっています。

また、VIPメンバー制度というものがあり、登録してVIPメンバーになると大幅な割引価格で利用できたり、ベストプライス保証などの特典が受けられることもあります。

お得になるAgodaの仕組みや制度を活用して格安を見つけましょう。

 

3. Booking.com

簡単に格安ホテルを予約できるほか、プロモーションや特別オファーもあるのがブッキングドットコムの魅力です。

格安でハワイ旅行に行きたい方は、メルマガを購読すると、メルマガ限定情報やセール情報をチェックできます。

プライベートセール情報を見逃さないようにしましょう。

また、セール中ではなくても、会員登録をすることで各種割引が使える場合もあります。

ホテルの情報や周辺地域の役立つ情報も細かく掲載されている場合もあり、利用者にとって役立つ情報が充実しているサイトです。

 

4. ホテルズドットコム

ホテルズドットコムは目的地、日付、旅行者人数等を入力すれば簡単に宿探しが出来るサイトです。

また、人気の絞り込み条件の項目には格安ホテルのチェック項目もあります。

ハワイ旅行に行って、できるだけ格安のホテルに宿泊したい方は、「格安ホテル」の項目をチェックすると希望のホテルが見つかりやすくなります。

その他にも、一泊あたりの価格帯で絞り込んだり、ゲスト評価で絞り込んだりできるのも魅力です。

ハワイのホテルの数は一つや二つではありませんので、絞り込み検索を有効活用していきましょう。

スタンプシステムもあり、10個スタンプが貯まるとボーナスステイの特典も得られます。

 

5. 楽天トラベル

楽天トラベルは国内だけではなく海外のプランも簡単に探せます。

25年以上の実績もある楽天トラベルでは、キーワード検索もあるため、既に宿泊したいハワイのホテルが決まっている方は、直ぐに目的のホテルや旅行プランを確認することが可能です。

楽天サービスを普段から利用している方は、楽天トラベルを利用することで楽天スーパーポイントも貯められます。

格安で予約が出来るプランも沢山あり、安く予約して、ポイントも貯められるという一石二鳥のサービスとなっています。

 

6. スカイチケット

スカイチケットは会員登録をすると割引価格で利用できるシステムが魅力です。

ハワイの全てのホテルが対象ではないものの、対象ホテルの場合はお得な会員価格で予約することが可能です。

格安でホテルを予約したいなら、会員登録してから調べるようにしましょう。

また、お得に予約ができるほかに、キャンセル料無料のものもあります。

検索ページでは、余計な手間なく格安のホテルを調べることができます。

割引だけではなく、サイトの使い勝手も優れているのがスカイチケットの魅力です。

 

7. エアトリ

エアトリではハワイ行きの航空券とホテルをセットで予約すると非常にお得です。

セットなら通常価格より数万円の値引きになることも珍しくありません。

また、出発地も成田や羽田、関西空港などメジャーな出発地のプランがありますので、気軽にハワイ旅行に行きたい方に最適です。

特にエアトリはハワイ特集ページを作成したりと、ハワイ旅行にも力を入れている会社ですので、ホテルやチケットの予約も格安で提供されているものが沢山あります。

更に「ハワイオーダーメイドの旅」というコンテンツもあり、問い合わせることで最適なオリジナルプランを提案してもらえます。

 

8. Trip.com

トリップドットコムは「トリップコイン」という独自のシステムが採用されています。

ホテル予約などでトリップコインがたまっていき、それを予約代金の一部として使うことができます。

つまり、沢山利用する人ほどお得がたまっていく便利な制度です。

また、予約代金として使うほかに、アプリ限定ではありますがホテルの朝食や部屋をアップグレードすることもできます。

旅行でホテルを重視するならトリップドットコムのサービスを活用してみましょう。

ちなみに、会員ランクというものもあり、ランクによってホテル割引がきいたりします。

 

9. HIS

旅行会社の中でも大手がHISです。

海外の国や都市に多くの拠点を構え、日本国内にもHISの拠点は沢山あります。

大手ならではの充実したサービス、コンテンツが魅力です。

ハワイに関しては、HISの宿泊プランを利用した方の口コミも沢山ありますので、ホテル選びもしやすくなっています。

格安プランを見た時に「本当にこんなに安くて大丈夫なの」と心配になったときは、口コミの評価を参考にしていきましょう。

また、HISは定番のプランから格安プランまで、大手ならではの幅広いラインナップがあります。

 

10. JTB

旅行会社は外資の所もありますが、日本の旅行会社の中でも大手なのがJTBです。

本社所在地も日本にあり、設立は1963年と歴史もあります。

長年の実績やノウハウがあるため、格安の海外ホテルも見つかりやすいです。

ただ単純に価格が安い順でソートすることもできますが、JTBが独自に選定したハワイのおすすめホテルや、その旅行プランなども人気を集めています。

ハワイで安いホテル、もしくは安心して宿泊できるホテルを探している方におすすめです。

 

11. 日本旅行

格安でハワイのホテルを予約したいなら、日本旅行の検索サービスも高機能です。

ホテルだけ探したり、海外航空券との組み合わせで探したりできるほか、気になったホテルの情報も詳細ページで確認することができます。

閲覧可能なホテルの内装写真も100枚以上公開されている物件もあり、じっくりとハワイの格安ホテル選びを行えるでしょう。

また、宿泊や旅行のサポート体制も充実していて、各種問い合わせ窓口が設けられています。

使いやすさや安心で選ぶなら日本旅行で予約をしてみましょう。

 

12. 旅工房

手間要らずなハワイ旅行を考えているなら旅工房で検索すると良いでしょう。

旅工房がおすすめするプランの中には、格安のホテルに泊まれて、チケットも一緒に予約できるものも揃っています。

初めてのハワイ旅行なら、旅工房のおすすめプランから選ぶのも一つの方法です。

また、初めてハワイへ行かれる方が参考となるコラムや、お役立ち記事もありますので、初心者向けでもあります。

 

【ハワイ島】海外ホテルの予約時に注意したいポイントは?

部屋タイプ・ランクを把握する

海外のホテルは部屋タイプやランクがはっきりしていますが、国内ではあまり耳にしない言葉もあるので、間違えて人数や希望グレードに合わない部屋を予約しないように注意しましょう。

部屋タイプは、人数によって分かれています。

1人用がシングル、2人用がツインもしくはダブル、3人用がトリプル、4人用がファミリーもしくはクワッドといいます。

一般的には、ツインルームはシングルベッドが2台、ダブルルームは2人が寝られるダブルベッド、もしくはクイーンベッドやキングベッドが1台用意されている部屋です。

ただし、海外ではツインルームを2名で1室利用するための部屋と認識していることがあるため、ツインルームを予約してベッドが1台しかないこともあります。

2台のベッドにこだわりたい時は、事前に確認しておきましょう。

トリプルルームはツインもしくはダブルルームを3人で使用することが前提で、ベッド2台にソファーベッドという組み合わせになっていることもありますが、基本的にはエキストラベッドは別料金で別途リクエストしなければなりません。

ファミリールームも同様で、キングサイズのベッドが1台、あるいはクイーンサイズのベッドが2台など人数よりもベッドの設置数が少なく、小さい子供の添い寝でなければ手狭に感じる部屋がほとんどです。

大人4人で使う場合には、ツインもしくはダブルルーム2部屋が室内の扉で行き来できるようになっているコネクティングルームを選ぶのも良いでしょう。

ランクは国内ではあまり目にすることは多くありませんが、海外では室内の広さや設備、サービスによって分けられています。

一般的にはスタンダードから上位に行くにしたがって、スーペリア、デラックス、エグゼクティブ、ジュニアスイート、スイートの順です。

このほかに、東南アジアなどにはキッチンや洗濯機など長期滞在で生活しやすい家電がそろったサービスアパートメントが多く見られますし、リゾート地では同じように生活家電が充実して大人数の滞在が可能なコンドミニアム、独立した一棟タイプのヴィラやコテージ、バンガローなどもあります。

キャンセル規定を調べる

海外のキャンセル規定は、ホテルによって異なります。

海外旅行の場合、長期の日程を組んでいることがほとんどですので、仕事や健康状態、家族の問題などの様々な理由で旅行の日程が変更になったり、中止になったりする可能性もあるでしょう。

そのため、いくつかのホテルで迷っている場合には、それぞれのホテルのキャンセルポリシーを確認して、キャンセル料が無料のところを選ぶのがおすすめです。

ここは注意!

キャンセルポリシーにはいくつかの種類があり、キャンセル不可と書いてある場合には、いつキャンセルをしても返金は一切ありません。

一方、キャンセル無料となっている場合でも、大体宿泊予定日の1週間以内など予定が近くなってくると返金額が少なくなることはあります。

海外のホテルの予約サイトではキャンセルポリシーもわかりやすく表示されていますので、予約前にチェックしておきましょう。

料金の支払い方法・時期を確認する

料金の支払い方法や支払時期も、ホテルによって違いがみられます。

支払方法は事前決済もしくは現地払いのところがほとんどです。

事前決済の場合は予約時にクレジットカードで決済を済ませます。

現地の通貨が用意できていないときにはホテルで支払いが発生しないので便利ですが、万が一予約がきちんととれていなかった場合などは予定外の出費になりかねませんので、決済完了のページや領収書、予約番号などを用意しておきましょう。

キャンセル不可のホテルの場合、返金がないので事前決済のところがほとんどです。

一方、現地払いはチェックインまたはチェックアウト時にホテルで支払いをします。

クレジットカードで支払うことが多いですが、現金のみのホテルもありますので、事前に確認して現地の通貨を用意しておきましょう。

現金での支払いは、料金の二重請求などのトラブルに巻き込まれる心配がないので安心です。

ただし、チェックアウト時の支払いを忘れて買い物などで手持ち資金が不足する可能性がありますので、観光の予算とは別に取り分けておくことをおすすめします。

折り返しの予約確認メールを必ず受信する

日本と比べて、海外ではホテルの予約に関するトラブルが発生しやすいです。

現地で予約のトラブルに巻き込まれないためにも、予約後に折り返される予約確認メールは必ず受信して、プリントアウトしたものを持っていきましょう。

もし、予約後にホテルから連絡がこない場合には、予約サイトに問い合わせるか、ホテルのフロントあてに問い合わせのメールを送ってみることをおすすめします。

予約確認メールは英語で出すことになりますが、例文はネット上でいくつも見つかります。

返信の内容もそれほど難しくない英語で書かれていますので、早めに確認を取っておきましょう。

オーバーブッキング対策で事前連絡を入れる

キャンセル無料の海外ホテルでよくみられるのが、宿泊客のキャンセルを見越して部屋数以上の予約を受け付けるオーバーブッキングです。

これは海外では日常的に行われていますので、事前にホテルあてに確認連絡を入れておきましょう。

内容は、きちんと希望した日程と人数分の予約が入っているかどうかの確認です。

また、時間が許すのであれば、早めにチェックインをした方がオーバーブッキングのトラブルを避けやすくなるでしょう。

ここがポイント!

万が一オーバーブッキングになった場合には、ホテル側の対応をまず確認します。

部屋のアップグレードや近隣のホテルの紹介などで当初の予定と変わらない、あるいはそれ以上の待遇が受けられるようであれば問題ありませんが、部屋のダウングレードを提案された場合には、差額の返金を求めることもできます。

特に連休や長期休暇などでホテルが混雑する時期は、代わりの部屋やホテルが見つかりにくくなりますので、事前連絡と早めのチェックインを心がけましょう。

できれば部屋の階数を指定する

海外は、日本のホテルに泊まるときよりも危機管理をする必要があります。

部屋の鍵を施錠して窓やバルコニーを開放しないことはもちろん、ホテルのフロントや清掃員が盗みを働くこともありますので、フロントに荷物を預けたり、部屋のセキュリティボックスを使ったりするのはハイグレードなホテル以外では避けた方が良いでしょう。

ここはポイント!

貴重品は肌身離さず、スーツケースに荷物を入れて施錠し、チェーンなどでつないでおくなどの工夫が必要です。

予約を入れるときには、できれば部屋の回数を指定しましょう。

特に1階は外部から侵入しやすいため、おすすめできません。

一般的に、海外のホテルでは階数をリクエストして予約することは困難ですが、可能であれば高い階数を指定しておきましょう。

地上の騒音が届きにくく静かに過ごせますし、治安の面からも多少は安心できます。

まとめ

海外旅行はお財布との相談もあります。

紹介したサイトを上手に使えば、お財布に優しいホテルを予約できるでしょう。

格安でホテルが見つかれば、浮いたお金を家族や友達へのお土産にもあてられます。

旅行の予算をうまくやりくりすることが、ハワイ旅行をもっと楽しくするコツです。

ちなみに、ホテルの空き情報は変化しますので、良いホテルやプランを見つけたら埋まる前に予約することが大事です。

RinaTrip編集部

「海外旅行に行ってみたい」「海外旅行を検討している」人向けに、格安旅行やホテルの選び方など、海外旅行好きの人に役立つ情報を紹介していきます。

アメリカ
RinaTrip
タイトルとURLをコピーしました